メインイメージ

プロポリスで風邪予防

風邪のシーズンと言うと、そのシーズンを思い浮かべますか。
やはり最初に浮かぶのは冬季ではないでしょうか。
特に小さなお子様がいるご家庭では、冬季の風邪の流行を意識せざるを得なくなります。
例えば、インフルエンザや溶連菌などの流行は全国的に毎年起こりますし、インフルエンザのような感染性の強い風邪は学級閉鎖などを招くこともあります。
毎年予防接種も流行を予測して用意されていますが、それでも感染を完全に防ぐことが出来ないのです。
子どもの場合、予防接種を2回受ける必要があることや、自費負担なので家族の負担感もあります。
では、予防接種のような方法以外でこうした流行性の強い風に対抗できる方法はないのでしょうか。
今回は「自然の恵み」を生かしたパワーをご紹介しましょう。

自然界には様々な成分が存在します。
特に紀元前から重要視されてきた成分は、プロポリス一択と言っても良いでしょう。
プロポリスとはミツバチが作り出した成分です。
味にはやや酸味や苦みがあります。
これは樹脂をメインにしている成分なので、致し方のないことです。
しかし、風邪はみんながみんな感染しているものでもないですよね。
これは基礎体力の違いや免疫力の違いとも言えます。
元々体力がある人は風邪への抵抗も強いことが多いですし、免疫力を意識している人はやはり風邪への抵抗力が高めです。
こうした日地たちは意外にも、日常的にプロポリスを飲んでいる事が多いのです。

でもどうしてハチミツではなく、食べ物ではないプロポリスなのでしょうか。
そこには植物たちが作り出したフラボノイドパワーに理由があります。
フラボノイドはガムなどにも含まれていますが、多少のウイルスには抵抗をしてくれる優れた成分です。
そのため虫歯予防にも応用されています。
このフラボノイドこそウイルスなどの厄介な外部からの侵入者に抵抗してくれる成分なのです。
子どもも大量ではなければ安心して飲めますし、家族みんなで風邪に負けない身体を作ることが出来ます。

トップに戻る