メインイメージ

産地で見たプロポリスの効能とは

日本で現在販売されているプロポリス製品の原産地のほとんどが海外です。
北半球・南半球のどちらの地域でもプロポリスの原液が生産されているため、気候や立地・日本への輸出状況などによっても成分に違いが出てきてもおかしくはありません。

日本国内で流通しているプロポリスの1番の産地はブラジルで、次いで中国やオーストラリア、北米や欧州のものが多いようです。
ブラジル産のプロポリスが高い品質であると研究者から発表されていますが、そこにはどんな理由が隠されているのでしょうか。

ブラジル産のプロポリスが優れているのは、農薬や公害の被害を受けていない手付かずの大自然が残っていることが一番の理由と言われています。
プロポリスは健康食品であるために、汚染された土地が産地で有る場合にはその身体への効果がかえって有害なものとなってしまいます。
その恵まれた大自然によって、プロポリスだけでなく多くの生薬もブラジルが原産地のものの効果が高いのです。
そして自然環境以外にも、ブラジル産のプロポリスが高品質だと言われる理由がまだあるのです。

それは、プロポリスを作り出すハチの種類にあります。
この地を生息地としているミツバチは、生命力が高く・飛行速度や飛行高度が他のミツバチと比べて飛躍的に高い混合新種のミツバチなのです。

その新種のミツバチが作り出すプロポリスも他の地域やミツバチのものと比べて最高の品質だと言われている所以なのです。
生命力の高いミツバチから得られるプロポリスが最高品質といわれるのも納得の理由ですね。

トップに戻る