メインイメージ

歯周病は30代から要注意!?プロポリスで効果的な対策を!

人間のカラダの中には、様々な細菌が棲んでいます。
腸内に棲んでいる「腸内細菌」は有名な話で、それが便秘などの排便トラブルと大きな関係を持っている…ということは知っている方も多いでしょう。

口内にも、腸内と同じように様々な細菌が棲んでいます。
中には、歯周病の原因となってしまう菌も存在します。
そして、その菌は誰しもが持っているものなのです。

歯周病の原因となる菌を可能な限り減らすこと…それによって口内フローラは改善され、虫歯や歯周病などのリスクが低下します。
実は、そんな口内環境の改善にプロポリスが非常に役立ってくれるのです。

知っていましたか?歯周病の本当のトコロ

「歯周病なんて私には関係ない…」
そんな風に考えている方も多いかと思いますが、実はそれは大きな間違い。
歯周病は30歳以降のおよそ80%の人に認められる病気なのです。

虫歯と違い、ゆっくりとじわじわ進行するのが歯周病の特徴。
その為、まだ症状がはっきりと現れない初期段階では気付きにくい…という傾向があります。

また、歯周病は放置しておくと、様々なトラブルを引き起こしてしまうことも。
口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。

  • 歯周病菌が血管に入ることで全身にまわり、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などを悪化させる原因に…
  • ↑と同じ理由から、女性の早産、低体重児出産の原因になることも…
  • 生理前・妊娠中の女性の場合、女性ホルモンの分泌量が増加。歯周病菌は、それを栄養として増殖することも…(生理前・妊娠中は歯周病対策に特に注意が必要)
  • 更年期の女性の場合、骨粗しょう症のリスクが高まるので、歯周病によるダメージが大きくなりがち…

リスクはこんなに沢山!
悪影響が広がる前に、早めの対策でしっかりと予防しておくことをオススメします。
歯周病は予防することが可能な病気ですから、いかにしっかりと対策しておくか…ということがポイントになるのです。

特に、女性は生涯を通して、歯周病発症のリスクが高くなりがち。
しっかりとした予防策を見つけておきたいところです。

そこで活躍してくれるのがプロポリスの歯磨き粉!
特にプロポデンタルEXは実績も豊富でオススメです。
プロポリスの味や匂いがほとんどないので、使いやすく、続けやすいのもポイント!
自宅での継続的なケアは、歯周病対策として最も有効な手段の一つですよ(^^)/

なぜプロポリスが効くの?

プロポリスには、優れた殺菌消毒作用があります。
その働きによって、口内の雑菌を退治することができるのです。
もちろん、自然由来の物質ですから、安全性は抜群です!

他にも出来る!こんな対策も…

自宅で出来る歯周病対策のポイントをまとめてみました!

【寝る前のハミガキは特に入念に!】
睡眠中は唾液分泌量が減るので、菌が繁殖しやすい環境に…
寝る前は、プロポリス歯磨き粉で丁寧に口内をケアしておきましょう。

【歯周ポケットを丁寧にブラッシング】
歯と歯茎の間にはゴミがたまりやすく、細菌が繁殖しやすいと言われています。
ここをしっかり磨くことで、効率の良い予防が可能に!

【睡眠をしっかりとる】
自律神経を整えることで、唾液の分泌量が安定します。
その為、十分な睡眠時間を確保することは歯周病対策にも有効です。

【食べ物はしっかり咀嚼】
しっかりと咀嚼することで、唾液分泌量が増えます。
これによって歯の健康をしっかりと守ることができます。
消化が良くなるので、お腹にも優しい!

これらのポイントを意識しながら、プロポデンタルEXを活用してみましょう!

歯周病のセルフチェック項目

自分が歯周病なのかどうかを確認してみましょう。
下記の項目に一つでも当てはまる場合は要注意!

  • 食べ物が歯に詰まることが増えた
  • 以前より歯が伸びた気がする
  • 最近、口臭が強くなったと感じる
  • 生理前はハミガキすると歯茎から出血する
  • 冷たい水を飲むと歯茎が痛い

いかがでしたでしょうか?
ちょっとでも気になったら、早めに対策を始めることが大切ですよ!

トップに戻る